地獄の番犬

自分の思ったまま 感じたままを詩にしてみました。 時々 小説や好きな音楽なども載せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

そよ風の中

どこにでもあるような

波の音がさそう

夢の跡

あなたの

そばに いると

優しさで

涙が こぼれそう・・・

微風の中で

風に舞う しぶきが

二人だけを包む

指が ふれるだけで 分るの 

あなたの香りが通り過ぎる

そよ風の中

あなたを愛しています
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:恋愛

| コメント:5 | トラックバック:0 |
<<願い事 | ホーム | 始まり>>

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-08-16 Sat 16:48 | | [ 編集 ]
二人以外は誰もいない
二人だけのビーチ
波の音、風の音、そしてあなたの声
すべてが心地良い。

そんな連想?妄想をしてしまいました。
2008-08-17 Sun 15:02 | URL | セキタイ [ 編集 ]
コメント ありがとうございます。
この時期の出来事を思い出して
書いて詩なんですよ☆

二人だけの時間 空間 全て 心地良い
瞬間・・・
ありがとうございます。
2008-08-18 Mon 19:17 | URL | ケルベロス [ 編集 ]
人を愛している自分の中はとても温かく満たされます。

それがたとえ、手の返されない恋だとしても・・・。

心を寄り添い、体を寄り添い、何もかも寄り添える・・・・


幸せなことですよね^^

とてもやさしい恋詩です。。
2008-08-19 Tue 12:48 | URL | 華鈴 [ 編集 ]
コメント ありがとうございます。

誰かを好きになってる時 って
心 温かくなり 優しくなれます。
愛する人と寄り添える安心感 安らぎは
なにものにも代え難い幸せな瞬間だと
思います♪
ありがとうございます。
2008-08-19 Tue 19:42 | URL | ケルベロス [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。